はままつNEWS!!

浜松新商品開発
プロジェクト

新商品・新サービス

2022年7月15日 09:35

ナイト―工業(株)自社商品第二弾 キャンプで楽しく防災訓練「てんぐの小風呂」発売について

リリース元:ナイトー工業(株)

facebooktwitterLINE

ナイトー工業(株)では、一昨年大好評いただきました初の自社製品ポータブルロケットストーブ「てんぐの小太鼓」に続く防災・キャンプギア第二弾、キャンプで楽しく防災訓練「てんぐの小風呂」を2022 年(令和4 年)7 月8 日(金)から約二か月、アタラシイものや体験の応援購入サービスMakuake にて予約販売を開始しました。

1 弊社概要
1967 年(昭和42 年)創業以来約50 年間、ゼネコンの仕事を受注する地元の建設金物商社や大手鉄工所等からの注文に応じて建築金物制作、主に工場や公共施設などの鋼製手すり・鋼材の曲げ加工品など金属製品を製造・加工してきた町工場。従業員は現在3 名で役員・従業員は親族中心。

2 てんぐの小風呂とは
今回販売するのは銅管をコイル状に成型した熱交換器2 個または3 個とそれらを繋ぐ異径ソケットのセット。これに普段キャンプに使用する鍋やコンロ、風呂ポンプを組み合わせるだけ容易に追炊きと保温ができ、いつでもどこでも気軽に入浴を可能にするものです。

3 開発の経緯
災害復旧支援にあたった自衛官にお話をした時の事。避難生活の中、食料などの最重要の衣食住の支援後、心のケアなどが必要な2 次支援で有効だったのが温かいお風呂と聞きました。しかし公的支援の場合、プライベートは保たれず時間的制約もある。その中で気軽にお風呂を提供できることは出来ないかと考えだされたのが「てんぐの小風呂」です。

4 「てんぐの小風呂」の使用方法
熱交換器であるコイルを水の張ったソロキャンプで一般的な1.0ℓ(内径11cm×高さ11cm)鍋に入れる。これをホースでつなぎ入り口に風呂ポンプを付け、出口はそのまま、それぞれ水の入った保温に配慮した浴槽へ。浴槽の水を循環させ、鍋を火にかける。これだけで約1 時間後には入浴が可能となります。(特許出願中:特願2022-091372)

5 「てんぐの小風呂」の特徴
今まで野外等で入浴する為の給湯、追い炊きをする場合
①大型で高価な専用機械などを使用する
②電熱器を使用する
③銅管などに通水しこれを直火で温める などの方法がありました。
しかし上記1.の場合、大型であるため運搬に不便で場所の確保も難しい。その上費用的な負担が大きい。2.気温、水温、水量などの条件で大差はあるが入浴に必要な水量を適温(40℃程度)にするのに半日と時間がかかる。3.銅管に煤が付くなど扱いが悪い。危険である。という問題がありました。「てんぐの小風呂」では1.熱交換器部は単純な銅管のコイル。その他普段使いのキャンプ用品を用いる為、小型で運びやすく安価。2.通常熱交換器二つで40~90 分ほどで60ℓの水を40℃の入浴適温に。冬季など寒い時期は熱交換器を単純に増やせば早く温まる。3.湯煎で加熱するため安全かつ扱いが容易。と今までの問題点を全てクリアした商品です。

6 問合先
ナイトー工業株式会社
〒433-8124 浜松市中区泉4-24-40
℡053-472-2735 Fax053-472-2738
担当:代表取締役 内藤照幸
ニュースリリース資料
参考URL

facebooktwitterLINE

リリース元情報

事業所名・屋号
ナイトー工業(株)
担当者名
代表取締役 内藤照幸
住所
浜松市中区泉4-24-40
TEL
053-472-2735
E-mail
naito-kk@vc.tnc.ne.jp
URL
https://www.naito-iron.com/
ハッシュタグ

ニュースリリース配信サービス

浜松商工会議所の会員企業様のニュースリリース情報を、メールマガジンでお知らせすることができます。
ご登録は、下記よりお願いします。